About SUPER GT

What’s SUPER GT

【動画 SUPER GT Tips】オフィシャルアナウンサーピエール北川が誘うSUPER GT

 

SUPER GTとは

GTカーによるエキサイティングな大人気の国際レースシリーズ

「SUPER GT」は、高性能なGTカーをベースとしたレーシングカーで争われる自動車レースのシリーズ戦です。1994年に“全日本GT選手権”としてスタートし、現在は“AUTOBACS SUPER GT(オートバックス・スーパージーティ)”の名称で、エキサイティングなレース内容と高い観客動員を誇る国際シリーズとなっています。

 
 

SUPER GTの魅力

“AUTOBACS SUPER GT” は、日本のみならず海外でも開催され、日本のモータースポーツのシリーズ戦としては最大級の観客を動員しています。
このように、多くのファンを夢中にさせる魅力とは何なのでしょうか?

※2019年実績: タイでの開催も含めシリーズ全8戦の平均観客動員は48,639人。年間総動員数は389,110人。

 

 

魅力その1 モータースポーツのおもしろさを凝縮

国内外のトップドライバーが操る、日本を、世界を代表する 40 台以上の GT カーが抜きつ抜かれつのスリリングなレースを毎戦のように展開しています。
レースにはピットストップもあり、各チームのメカニックのタイヤ交換の早技も勝敗に直結します。予選と決勝レースで繰り広げられる、クルマと人間の戦いによるドラマは、モータースポーツならではの興奮と感動、そしておもしろさが凝縮されています。

 

 

魅力その2 海外開催と海外チームも参戦する国際シリーズ

写真は2019年チャン・インターナショナル・サーキット(タイ)

全日本GT選手権として 1994 年にスタートしたSUPER GTは、2000年に国内レースシリーズとして初の海外戦を行って以降、2005年にはFIA(国際自動車連盟)公認のインターナショナルシリーズとなりました。現在も東南アジアでシリーズ戦を開催しています(※)。
さらに海外の有力ドライバーは勿論、海外チームのレギュラー参戦に加えて、東南アジアのサーキットでも開催され(※)、多くの観客を集めています。もちろん欧米でも映像配信され “最速のGTレース” として注目されています。

※: 2020〜22年はコロナ禍のため除く

 

 

魅力その3 多彩な国内外の GTカー、トップドライバーが参戦

SUPER GTには、自動車メーカーが高性能GTカーとして販売する車両をベースとした40数台のレーシングカーが参戦しています。GT500クラスにはトヨタ、ホンダ、ニッサンのGTマシンが、GT300クラスには国内外の有力メーカーの GT カーが参戦しています。
その魅力的な GT カーを操るのは F1 や WEC(世界耐久選手権)といった世界選手権で実績を残したドライバーや国内トップカテゴリーで活躍する人気と実力を兼ね備えたトップドライバーが多数参戦しています。また、彼らと共に戦うチームも日本のトップレベルが揃っています。

 

 

魅力その4 ファンを満足させる高いエンターテインメント性

SUPER GTは公正で厳格な規定により、均衡したレースを実現し、また環境や安全性の面でも高い技術を導入しています。これにより、常に接戦のレースが繰り広げられ、安心して観戦できるモータースポーツを実現しています。 またモータースポーツ初心者やファミリーでも楽しめるイベントも開催し、レース以外のエンターテインメントも充実させています。さらに交通安全の啓発や災害被災者の支援活動、自然環境の保護活動など社会貢献も実践しており、こうした活動もモータースポーツ&自動車ファンの共感を得ています。

 

 

ページトップへ