Circuit

富士スピードウェイ(静岡)

世界に知られるロングストレートを持つサーキット
雄大な富士山を望む抜群のロケーションに位置するサーキット。また東名/中央高速道を使えば首都圏や中京圏からのアクセスに優れています。 1966年の開業以来、高速コースとして世界的に知られ、大規模改修を行った2005年以降もGT500マシンが300km/h以上を記録する約1500mの世界最長のストレート(※)は健在です。 一方で、コース後半は峠道のようなテクニカル・コーナーが連続する上りになり、単なる高速コースではなく、より攻略の難しいコースとなっています。

※常設のFIAグレード1所得(F1開催可能)サーキットとして。

 
 

Track Data

富士スピードウェイ(静岡)
メインストレート
メインストレート

約 1.5km もあるメインストレートで、GT500クラスのマシンは300km/h以上のスピードを記録します。

TGR コーナー
TGR コーナー

最高速を記録したマシンがフルブレーキングしてアプローチするコーナーです。以前は「1 コーナー」と言われていました。

コカ・コーラ コーナー
コカ・コーラ コーナー

短い直線からクイックに抜ける左コーナーで、パッシングポイントです。ベテランの選手などは旧コース時代の「Aコーナー」とも言います。

グリーンファイト 100R コーナー
 グリーンファイト 100R コーナー

カーブの曲率を表す「100R」が由来で高速で回り込むコーナーです。観覧エリアとコースが近く、マシンのスピード感を味わえます。

ADVAN コーナー
ADVAN コーナー

以前は「ヘアピン」と言われたコーナーで、コーナーを囲むような芝生観覧エリアからじっくりマシンを見られます。カメラマンが多い撮影ポイントです。

300R
300R

低速の ADVANコーナーから加速して抜けるスピード感ある高速コーナーです。

ダンロップ コーナー
ダンロップ コーナー

レースではパッシングポイントとなります。またイン側からは向こうに富士山も望める富士スピードウェイならではの撮影ポイントです。

第13コーナー
第13コーナー

ダンロップ コーナーから上りでコーナーが連続する峠道のようなテクニカルな部分となります。

GR Supra コーナー
GR Supra コーナー

レースでは第13コーナーからGR Supraコーナーと併走して競り合ったり、GT500クラス車両がGT300マシンを抜くシーンもよく見られます。

パナソニック コーナー
パナソニック コーナー

テクニカルセクションの最後、コースの最後のコーナーです。富士名物の長い直線でよりスピードを出すために、各ドライバーが走るラインを工夫し、レースではライバルと駆け引きもある勝負ポイントです。

コース全長 4,563m
コース幅 15 〜 25m
高低差 40m
最大直線長 1,475m(ホームストレート)
コースレコード ・GT500 クラス : 1'25.764
 山下健太/ENEOS X PRIME GR Supra - 2021.11.27 / 2021 第8戦 Q2
・GT300 クラス : 1'34.395
 山内英輝/SUBARU BRZ R&D SPORT - 2021.11.27 / 2021 第8戦 Q2

Access

[自動車] 東名高速道・御殿場 I.C より約 10km(20 分 )。 中央高速道・河口湖 I.C−富士五湖道路・須走 IC より約 7km(15 分 )。
[電 車] 御殿場線・御殿場駅下車。高速バス・JR 御殿場駅下車でタクシー (20 分 )。御殿場駅 からは富士急バス・富士霊園下車。
SUPER GT開催時はサーキットへの臨時バスあり。
[所在地] 静岡県駿東郡小山町中日向694 TEL.0550-78-1234
[URL] https://www.fsw.tv/

ページトップへ