Circuit

鈴鹿サーキット(三重)

日本を代表する歴史ある国際サーキット
名古屋圏や近畿圏からのアクセスに優れ、最寄り駅からバスやタクシーで10〜15分ほどと、公共交通機関でも気軽に行けるサーキットです。また遊園地やホテルも併設されており、ファミリーや友人達と遊ぶ場所としても親しまれています。 鈴鹿サーキットは日本最初の本格サーキットとして1962年に開業して以来、F1やSUPER GTなど国内外のメジャーレースを開催しています。コースは世界的にも珍しい立体交差のある8の字型で、2本のストレートと多彩なコーナーが配置されており、テクニカルでありながら高速系でもある選手や観客からも人気のコースです。
 
 

Track Data

鈴鹿サーキット(三重)
メインストレート
メインストレート

快適なスタンド観戦席があり、スタートやゴールはもちろん大型ビジョンも常設されてレース全体も分かりやすい定番スポットです。限定の屋内特別席もあります。

第1コーナー/第2コーナー
第1コーナー/第2コーナー

パッシングポイントである第1コーナーとそれに続く第2コーナーは、カーブ外側を囲むようにスタンド席があります。ここも人気の観戦ポイントです。

S字コーナー
S字コーナー

アクセル操作でクイックに切り返すS字コーナーは、マシンの躍動感が楽しめます。カメラマンも多い撮影ポイントです。

逆バンク/ダンロップコーナー
逆バンク/ダンロップコーナー

コーナーの傾きが本来と逆だとドライバーが錯覚しやすい「逆バンク」とそれに続くダンロップコーナーは、コース図では単純ですが難しいポイントです。

デグナーカーブ
デグナーカーブ

ドイツ人の名ライダーのエルンスト・デグナー選手がトップ走行中に転倒したことからこの名になったコーナーです。その当時は1つのカーブでしたが、現在はインとアウトの 2 つを総称してこう呼ばれます。

NISSIN ブレーキ ヘアピンカーブ
NISSIN ブレーキ ヘアピンカーブ

ヘアピンの曲がった部分のようにぐるっと回り込む低速コーナーです。スピードが遅く、パッシングポイントでもあるのでカメラマンに人気のポイントです。

スプーンカーブ
スプーンカーブ

スプーンの様なカーブの形をした複合コーナーです。レースのバトルで は駆け引きも見られ、予選ではこの後のストレートへスピードを乗せるた めの加速感が気持ちいいです。

130R
130R

コース図で見ればしっかり曲がっていますが、予選のタイムアタックではノーブレーキで駆け抜けることもある超高速コーナーです。ドライバーにとっても非常にエキサイティングなポイントです。

日立 Astemo シケイン
日立 Astemo シケイン

クランク状の連続コーナーを切り返しで抜ける低速コーナーです。定番のパッシングポイントであり、近接バトルが見たいならお薦めです。

コース全長 5,807m
コース幅 10〜16m
高低差 52m
最大直線長 1,200m(西ストレート)
コースレコード ・GT500 クラス : 1'44.112
 国本 雄資/WedsSport ADVAN GR Supra - 2022.5.28 / 2022 第3戦 Q2
・GT300 クラス : 1'55.531
 中山 雄一/K-tunes RC F GT3 - 2018.5.19 / 2018 第3戦 Q2

Access

[自動車] 東名阪自動車道・鈴鹿ICより約30分。名阪国道・亀山ICより約30分
[電 車] 近鉄・白子駅下車、バス15分、タクシー10分。近鉄・平田駅よりタクシーで10分
伊勢鉄道・鈴鹿サーキット稲生駅より徒歩15分。JR関西線・加佐登駅よりタクシーで15分
[所在地] 三重県鈴鹿市稲生町7992 TEL.059-378-1111
[URL] https://www.suzukacircuit.jp/

ページトップへ