History

2015~2019年:GT500発展期

2014年に現在と同様のモノコック(車体の車室部分)や主要パーツを共通化したGT500クラスの新車両規定のマシンが登場しました。これもあって、各社が開発したGT500車両は極めて近接した戦闘力となり、シリーズが更に拮抗していきます。また、この技術規則を共同で策定したドイツのDTMとのコラボレーションが進み、2019年に両シリーズによる特別交流戦が行われました。

2015年
GT300MC車両が本格参戦
 
GT300クラスの“マザーシャシー(MC)”は、参戦するチームが、予算を抑えてGT300マシンを開発できるようにGTAが共通のシャシー・エンジン・トランスミッションを供給する車両です。2014年第7戦タイ大会にスポット参戦し、この年から3台のTOYOTA 86MCがフル参戦を開始。翌年には86MCがGT300タイトルを獲得しました。
 
 
GT500 Champion
Driver 松田次生/ロニー・クインタレッリ (MOTUL AUTECH GT-R)
Team NISMO
 
GT300 Champion
Driver アンドレ・クート (GAINER TANAX GT-R)
Team GAINER
 
【2015年 開催サーキット】
第1戦岡山国際サーキット
第2戦富士スピードウェイ
第3戦チャン インターナショナル サーキット
第4戦富士スピードウェイ
第5戦鈴鹿サーキット
第6戦スポーツランドSUGO
第7戦オートポリス
第8戦ツインリンクもてぎ
2016年
熊本地震で延期の第3戦を最終戦で併催
 
4月の熊本地震によりオートポリスとその近隣が被災したため、5月の第3戦オートポリス大会の開催を断念。最終戦ツインリンクもてぎの日程内に第3戦を組み込み、土曜に第3戦を、日曜に第8戦をそれぞれワンデイで開催しました。
 
 
GT500 Champion
Driver ヘイキ・コバライネン/平手晃平 (DENSO KOBELCO SARD RC F)
Team LEXUS TEAM SARD
 
GT300 Champion
Driver 土屋武士/松井孝允 (VivaC 86 MC)
Team VivaC team TSUCHIYA
 
【2016年 開催サーキット】
第1戦岡山国際サーキット
第2戦富士スピードウェイ
第4戦スポーツランドSUGO
第5戦富士スピードウェイ
第6戦鈴鹿サーキット
第7戦チャン インターナショナル サーキット
第3戦ツインリンクもてぎ
第8戦ツインリンクもてぎ
2017年
GT500車両は安全性やエコも追求
 
2014年より導入したGT500車両の規定が3年を経て改正され、安全面や環境面も考慮したものになりました。コーナリング速度を抑制することにより、ドライバーの安全を確保するとともに、エンジンの耐久性を向上させて年間使用を2基までに抑えた環境に優しいマシンとなりました。
 
 
GT500 Champion
Driver 平川亮/ニック・キャシディ (KeePer TOM'S LC500)
Team LEXUS TEAM KeePer TOM'S
 
GT300 Champion
Driver 谷口信輝/片岡龍也 (グッドスマイル 初音ミク AMG)
Team GOODSMILE RACING & TeamUKYO
 
【2017年 開催サーキット】
第1戦岡山国際サーキット
第2戦富士スピードウェイ
第3戦オートポリス
第4戦スポーツランドSUGO
第5戦富士スピードウェイ
第6戦鈴鹿サーキット
第7戦チャン インターナショナル サーキット
第8戦ツインリンクもてぎ
2018年
夏の長距離戦は富士500マイルに
 
鈴鹿1000kmレースが前年で終了したのに代わり、夏の富士大会が500マイル(約800km)の長距離戦となりました。また、この年から開催された「鈴鹿10時間レース」はFIA-GT3の国際的な耐久レースであり、GTAもその開催に協力し、SUPER GTからGT300クラスの車両が参戦しました。
 
 
GT500 Champion
Driver 山本尚貴/ジェンソン・バトン (RAYBRIG NSX-GT)
Team TEAM KUNIMITSU
 
GT300 Champion
Driver 黒澤治樹/蒲生尚弥 (LEON CVSTOS AMG)
Team K2 R&D LEON RACING
 
【2018年 開催サーキット】
第1戦岡山国際サーキット
第2戦富士スピードウェイ
第3戦鈴鹿サーキット
第4戦チャン インターナショナル サーキット
第5戦富士スピードウェイ
第6戦スポーツランドSUGO
第7戦オートポリス
第8戦ツインリンクもてぎ
2019年
DTMとの特別交流戦を開催
2014年から導入しているGT500クラスの車両規定を共同で作成したDTMとのコラボレーションとして、2017年は双方の大会にマシンを持ち込みデモランを実施。2019年にはDTMの最終戦ホッケンハイム大会にGT500車両3台が特別参戦。さらにシリーズ終了後には富士スピードウェイで、GT500の15台とDTMの7台によるスプリントレース“SUPER GT×DTM 特別交流戦”を開催しました。
GT500 Champion
Driver 大嶋和也/山下健太 (WAKO'S 4CR LC500)
Team TEAM KUNIMITSU
GT300 Champion
Driver 黒澤治樹/蒲生尚弥 (LEON CVSTOS AMG)
Team K2 R&D LEON RACING
【2019年 開催サーキット】
第1戦 岡山国際サーキット
第2戦 富士スピードウェイ
第3戦 鈴鹿サーキット
第4戦 チャン インターナショナル サーキット
第5戦 富士スピードウェイ
第6戦 オートポリス
第7戦 スポーツランドSUGO
第8戦 ツインリンクもてぎ
特別交流戦 富士スピードウェイ

ページトップへ